特別なお手伝いをお願いする場合のこと

ソラシドエアってこんな航空会社です

「ソラシドエア」とは、1997年に設立された宮崎県宮崎市に籍を置く日本のローコスト航空会社です。

ソラシドエアが航空路線網の中心としている空港は、羽田空港と那覇空港で、東京、名古屋、神戸など日本国内の10都市に就航しています。

スカイマークエアラインズやエアドゥに続く新規参入航空会社として設立され、日本航空や全日空といった大手航空会社と比べると、機内サービスなどで経費を削減することで割安な運賃で航空券を販売しています。

ローコストキャリアは価格が抑えられていることから、安全安心に欠けるのではないかと心配されることも少なくないのですが、保有機材はボーイングの新造機であり、整備もしっかり行なわれています。

体が不自由な方や高齢者、お子様などお手伝いが必要な場合も安心

「ソラシドエア」では、すべての方が安心して搭乗できるようさまざまなサービスが用意されています。

怪我や病気で体が不自由な人は、その同伴者とともに座席の指定が可能です。

空港でのチェックインの後に利用できる車椅子の用意もしてくれますし、搭乗口の係員へ申告すれば優先的に機内に案内してくれます。

目の不自由な方へは点字の案内を配布、聴覚に障害がある方へは筆談ボードが用意されています。

体が不自由な乗客のための相談デスクへ事前に相談をすれば上記のようなサービスを受けられます。

乳幼児連れの方や妊娠中の方も優先的に機内へ案内され、必要ならベビーカーの貸し出しもおこなっています。

6~7歳の大人の同伴のないお子様のお手伝いもしています。

何らかのお手伝いが必要な場合は、予約案内センターへ問い合わせましょう。